後を絶たない過労・パワハラ自死、労災を認めない労働局

2020/11/16 過労死防止推進シンポジュウム大阪

・11月16日、過労死防止推進シンポジュウム大阪が開かれました。「コロナで変わる労働現場と危険性」(posse今野春貴さん)で、特に東京ではテレワーク・リモートの流れが止められなくなっていて、職場と家庭とのメリハリがなく労働時間の管理があいまいになっていることで長時間労働の問題が起きていると話されました。また。「リモートワークの課題」(「北里大学」堤明純さん)で個々の労働者の孤立、キャリアアップの問題などを話されました。

 

・大阪労働局の報告資料で労災請求に対して「脳・心臓疾患」では決定が15%、「精神障がい」では14%とどちらも低い決定となっています。ユニオンは労働局の厳しい査定が、過労死防止につながるのか大いに疑問だと感じています。

 

吹田の調剤薬局で働いて自死した娘の無念さを晴らしたい(家族会母親)

私の一人娘である美希は 2016年1月4日に自ら命を絶ちました。 娘の死は「過労死」です。 しかし、仕事が一人の命を失った事実があるのに、労働監督署より下された結果 は、遺族補償等不支給と判断されました。俗に言う「過労死では無い」と。 今、私はその処分を不当と思い、不支給処分取り消しの行政訴訟を起こし闘っています。 何故娘が亡くなったのか、何故過労死と認定されなかったのか娘が亡くなってから考えない日はありません。 皆様方は「過労死」と言う言葉を耳にしたことがあると思います。しかし大半の 方は過労死とはどのようなものか、そしてその当事者や遺族がどのような思いをして生きているか存じないと思います。 これから話をさせて頂くことは、ごく普通の娘が会社によって心も体も壊されて追い詰められて亡くなったことを話させて頂きます。

娘が就職したのが吹田市で数店舗持っている調剤薬局の事務でした。 私も仕事柄、他の調剤薬局の薬剤師の方々を知っていましたので、仕事内容自体は悪い印象はありませんでした。 しかし、その調剤薬局は違っていたのです。 入社して一ヶ月も過ぎでいないのに「ママ、あの調剤薬局はブラック。人が次々と辞めていく」と打ち明けたのが始まりでした。 薬剤師である社長は調剤業務に、とても関連性がないようなことを思い付きで行い、周囲の者を振り回し自分の言動に責任も取らず、都合の悪いことは全て事務職員にさせる人物です。会社のトップがそのような人物なのでNO2・NO3 の権力の持つ人物も社長の機嫌を取ることにばかりで、会社組織として正常な機能は行えていなかったのです。 NO2である薬剤師は明らかに差別的な言動があり「薬剤師はえらい、事務職員は薬剤師を敬うのが当たり前」と公然と言い事務職員が薬剤師に意見を言えば 「生意気だ!黙れ!」と。そしてターゲットを見つけて徹底的にパワーハラスメ ントをするのです。 「次は津島さんだね」とフロアーリーダーが嬉しそうに言ったそうです。娘が目を付けられたのです。

些細なミスを見つけては個室に呼び出し長時間の及ぶ叱 責があり、娘は恐怖を感じていました。狭い薬局でNO2の薬剤師の妨げになりそうな時は壁に張り付いていると、それでも「邪魔だ」と言い突き飛ばされるよ うな暴力的行為もありました。そのような環境での仕事は常に極度の緊張で、自分の身を守ることに必死でした。 その調剤薬局はかなり処方枚数が多く、入力や事務作業で忙しい業務内容にも係わらず、先ほど述べたように社長が思い付きで色々な委員会を突然作り、任意 と言いながらも委員会に所属しなけれらば「やる気がない、そんな者は辞めてもらう」と脅しとも取れることを耳にしたようです。娘は2つの委員会に入り、そ の一つがダイエット委員会でした。薬局が販売しようとしていた商品を自ら購入させられ、体重の変化を張り出されたのです。 多くの女性はとても嫌がる行為だと思います。 また、娘が美術大学卒業と言うだけで、関係のないデスプレイ制作を押し付けら れて、ほとんどがサービス残業でしていると一言「やれば出来るじゃない」と言って当事者達が先に退社をしていくと言う状態が日常的に行われていました。

娘が勤めだして4カ月程した時、社長から1年間の社員旅行等を企画する幹事をするように言われました。任命されたら途中で辞めることが出来ない、もし辞めると言ったらその日からいじめが始まると娘はおびえていました。 幹事は3名で行いました。その大きなイベントの一つが慰安旅行でした。 それは単に旅行業者に依頼するのではなく、全て幹事が企画から行い、そこもビジョンを決めて慰安旅行を進めるようにと言われ、幹事たちは大変困惑しま した。社長とアポイントも取れず、やっと調整して話をすると、「今、忙しいそんなこともわからないの」と。 アポイントが取れて話をすると「あなたにはビジョンが無いのよ、ビジョンが!」 と人格を否定することを言われて娘はどんどん追い込まれていました。 そのような前に進まない状態の幹事の仕事の中で、幹事の一人が度重なるパワハラが原因で鬱病を発症して仕事が出来なくなり退職されました。残ったもう一人はNO2の薬剤師が「あんたなんかいらない、辞めてもらってもいいから」 と暴言を言われ退職しました。 残ったのは娘一人でした。娘も、それからしばらくした後には、仕事が原因で鬱病を発症していましたが、残された者は、とても辞められる状態ではありませんでした。

結局、社長がOKを出した慰安旅行は豪華な神戸一泊旅行で夜はクルーズ船で ディナー、淡路島に渡り鯛料理を満喫と言う、娘を苦しめたビジョンからは、ほど遠い豪華な女子会旅行だったのです。 そこでも、社長達が乗ったタクシーの到着が遅くなり「何故待っていない、何故 先に部屋に入った」と感情のまま罵声を浴びせられました。その時の娘からのラインで、どれほどの恐怖だったか、今でも胸が痛みます。 毎年幹事をされた方はその社長に無理難題を言われ振り回されて、数名の事務職員は鬱病を発症されて退職されると言う異常な調剤薬局だったのです。

娘の症状はどんどん悪化して食欲もなく数ヶ月で体重が8kg減りました。 そしてやっとの思いで 12月年末に診断書を提出し、加療休職をして辞める方向で娘と決めました。しかし調剤薬局側からの返答は「正月休みにお母さんとよく話をして答えを聞かせて」と言われたのです。 その言葉に私は耳を疑いました。診断書まで出しているのにどこまで娘を苦しめるのかと。1月4日年明けの初出の朝、起きてこない娘の部屋に入るとベッドの横で冷たくなっている娘を発見しました。 蘇生処置を懸命に行いましたが救急隊が来てすぐに「お母さん、もう無理です」 と言われて離されました。 これが1年4カ月調剤薬局で仕事した娘の最後の結果です。

娘は調剤薬局での仕事で時間外労働や上司からのパワハラで命を落としました。 しかし、労働監督署は上司からの厳しい叱責等で憔悴していたと認めていますが、認定は却下されています。 また、調剤薬局側の上司達はそんなつもりではなかったとか、本人は仕事を続けたいのに、母親が許してくれなくて悩んでいた等と信じがたいことを労働監督署に証言しています。 過労死と認められるのはごくわずかで、申請者の3割にも満たしていません。 多くの遺族は大切な愛する人の命を奪われ、深い悲しみの中で生きています。過労死が認められることは遺族の一つの区切りでしかありません。 その区切りをつけるにも、今の状態はあまりにも高いハードルになっています。 私たち遺族の望みは生きていて欲しい、それだけなのです。 過労死は人の行いによって作られた行為です。その行為を止めることが出来るのも人の行いで無くすことが出来ると思います。

 

娘のような辛い出来事がこれ以上起こらないことを願います。 本日はご清聴ありがとうございました。

労働相談 無料

プライバシー厳守

 

 >労働相談