釜ヶ崎夜回り 小柳伸顕さんの最後の授業

2016/3/5 ユニオンのスタッフとして最後の授業を見てきました

・ 3月5日(土)釜ヶ崎「子どもの里」では今年最後の夜回りがありました。いつものように子どもたちが夜の8:00に集まり、また大人たちの支援者も同様に集まってきます。最近は大人の支援者が多く授業がやりにくいと小柳さんは苦笑いされていましたが、多くの人が注目をしている証なのでしょう。

・ 夜回りする前に小柳伸顕さんのお話が1時間半ほどあって、テーマは毎回変わりますが様々な問題を投げかけて現実と向き合うヒントを提供されています。この日は「日本国憲法」がテーマで、11、12、13、14、25、97、99という数字を並べられてこの数字は何の数字ですかという質問から始まりました。小柳さんは愛隣小学校のケースワーカーとして関わられたのが48年前、子ども夜回りの学習会の講師として関わられて30年間常に釜ヶ崎と向き合ってこられました。

・ この学習会は、「子どもの里」を支える荘保共子さんと二人三脚で行われてきたものですが、夜回りに行く前に、今日も荘保さんが子どもたちに路上生活者の話をされていました。「子どもの里」が発行した相談連絡先の書いたプリントを持った人が、先週梅田で自死されていたこと。夜回りでもらったおにぎりを食べ、温かい味噌汁を飲みながら「何とかこれから1年生きていける。」と元気づけられた人の紹介をされながら、生と死が隣り合った釜ヶ崎の現実を提供され、夜回りの持つ意味を確認しながら夜回りがスタートします。

・ 今回夜回りには、最初の部分だけ参加したのですが新今宮駅に近いところで、失礼しようとしたら、高校へ行っても参加している高校生から「1月にここで路上生活した人が亡くなった場所なので黙とうしてから帰ったらいいよ。」と言われてほかの参加者と一緒に黙とうしました。このように短い時間の参加だけでも、様々な路上生活者の死という現実に向き合うのです。

・ 学習会で配られたパンフレットには、「夜回りはひとつのきっかけ」と書かれています。きびしい寒さの中で路上死が日常的に発生する現実、夜回りの傍で罵声を浴びせる若者がいる現実から何かを感じ、多くの人と共に考えることが大切なのです。

 

・ 最後は、かつて子ども夜回りに参加し、今は子どもさんがいる女性から花束が手渡され感謝の辞が述べられましたが、今日の授業で後進に譲りたいと述べられる小柳さんに対して、荘保さんはまだまだ続けてくださいとお願いされていました。もし続けるとしたら子どもたちの表現力を伸ばせてやりたいので綴り方教室のような形で関わっていいと小柳さんの絶えることのない意志が表明されていました。

労働相談 無料

プライバシー厳守


 労働相談