パワハラ相談 072-655-5415

吹田L社労士事務所でセクハラ(2017/6月) 

L労務管理事務所の社労士である経営者Kが女性事務員にセクハラを繰り返し、被害女性がユニオンに相談に。シングルマザーである女性には、「お尻を触る」「頭をなでる」「オレの女になれば生活が楽になるよ」「東京出張について来ないか」とやりたい放題言いたい放題のハラスメント。我慢を重ねてきたものの、体調がおかしくなりユニオンに。心療内科を女性に紹介し休職に。 

・予定されていた3月末の3回目の団交をセクハラ男Kは一方的に拒否し、ユニオンが団交日程を求めて事務所を訪れると警察を呼ぶ始末。気の小さいKは、使用者側から府労委にあっせん申請。 

・5月19日に府労委が開れ、社労士Kはあっせん委員(公益・労働・使用)のすべてからセクハラ問題の指摘を受け、「セクハラ謝罪・損害賠償」で解決にいたりました。

 

労働相談 無料

プライバシー厳守


 労働相談